前の話
一覧へ
次の話

第25話

渋谷事変、三
99
2023/07/25 08:08
神門 零
神門 零
領域展開
神門 零
神門 零
風蘭月白
禪院 真希
禪院 真希
呪霊
伏黒 恵
伏黒 恵
真希さん!
禪院 真希
禪院 真希
零!恵!
伏黒が伸ばした影から遊雲が出てくる
禪院 真希
禪院 真希
オマエって奴は本当に
禪院 真希
禪院 真希
クソ生意気な後輩だよ!
神門 零
神門 零
あのタコか...領域の主は
呪霊
愚かな
神門 零
神門 零
綱引きといこうか
呪霊
容易い
呪霊の分身が神門に向かってくる
伏黒 恵
伏黒 恵
玉犬紺!
玉犬が噛みつき分身の1匹が消えるが...


すぐさまもう一匹の分身が零の背後から襲いかかる
伏黒 恵
伏黒 恵
神門先輩!
七海 健人
七海 健人
(バァン)
神門 零
神門 零
ナナミン!
七海 健人
七海 健人
君は私が守ります
七海 健人
七海 健人
領域に集中してください
神門 零
神門 零
っ...
七海の顔半分は爛れていた
七海 健人
七海 健人
(この状況が続けば勝機はある)
神門 零
神門 零
うん…!
神門の呪力がみるみると上がっていく
伏黒 恵
伏黒 恵
(この人...バケモンか)
神門 零
神門 零
ナナミン
神門 零
神門 零
あのタコは私と領域の押し合いをしてると思ってる
神門 零
神門 零
でも私の狙いはそうじゃない
神門 零
神門 零
この領域に穴を開ける
神門 零
神門 零
私なら人が通れるくらいの穴を作れる
神門 零
神門 零
私の足元へ4人同時に飛び込んで
七海 健人
七海 健人
あなただけ残るなんてなしですよ
神門 零
神門 零
わかってるよ
七海 健人
七海 健人
2人とも!
七海 健人
七海 健人
集合!
七海 健人
七海 健人
神門さんの足元へ!
禪院家の呪いを継いで生まれた者



その呪いを捨てきれなかった者



彼らは目撃する










全てを捨て去った者の剥き出しの肉体



その躍動を!



伏黒 恵
伏黒 恵
(誰だ…!?)
禪院 真希
禪院 真希
(人間…術師か!?)
呪霊
脱出ではなく新たに術師を招き入れたのか!?
神門 零
神門 零
(1度だけ…見たことがある)
神門 零
神門 零
(あの人は…確か)
グッ…
神門 零
神門 零
首元を甚爾に掴まれる零
神門 零
神門 零
くっ…
神門 零
神門 零
(何だこの…力!)
伏黒 恵
伏黒 恵
零さん!


そのまま領域から弾き出されてしまう

神門 零
神門 零
恵が領域展開しろ!
神門 零
神門 零
すぐ戻る!
伏黒 恵
伏黒 恵
はい!












領域からはじき出された神門
神門 零
神門 零
はぁ…はぁ…
神門 零
神門 零
(あれは確か…禪院甚爾)
神門 零
神門 零
(どうしてここに…彼はもう死んだはず)
神門 零
神門 零
いや、考えるのはあとだ
神門 零
神門 零
もう一回領域展開を…
夏油 傑
夏油 傑
やぁ!零(ニコッ)
神門 零
神門 零
え…
夏油 傑
夏油 傑
元気にしていたかい?
神門 零
神門 零
誰だ…お前は
夏油 傑
夏油 傑
夏油傑だよ…
神門 零
神門 零
違う!
神門 零
神門 零
傑お兄ちゃんは…あの時!
夏油 傑
夏油 傑
あの時?
神門 零
神門 零
漏瑚
漏瑚
誰だこいつは
神門 零
神門 零
(五条先生が言っていた呪霊)
神門 零
神門 零
(やっぱりこいつらは…!)
夏油 傑
夏油 傑
今いい所なんだ下がっていてくれ
漏瑚
漏瑚
さっさと殺せばいいだろうが
夏油 傑
夏油 傑
この子はだめだ
神門 零
神門 零
放霊呪法…風然
神門 零
神門 零
お前らが何者か知らないけど


零の呪力が上がっていく


零の姿が五条と重なって見える漏瑚

漏瑚
漏瑚
(ピクッ)
神門 零
神門 零
夏油傑をこれ以上穢すな!

一瞬で夏油の前に立ちはだかる

夏油 傑
夏油 傑
私の上げた呪霊は使いこなせるようになったかい?
夏油 傑
夏油 傑
神門 零
神門 零

零の脳内に高専時代の夏油と五条との思い出が駆け巡る

プスッ

零のお腹に長い刀が貫通する
神門 零
神門 零
っ…
神門 零
神門 零
かハッ…
神門 零
神門 零
はぁ…はぁ…
漏瑚
漏瑚
トドメはワシが
夏油 傑
夏油 傑
ダメだって言ってるだろ
夏油 傑
夏油 傑
こいつは殺さない
夏油 傑
夏油 傑
私たちにとって大切なコマだ

その場で倒れてしまった零は薄れゆく意識の中で夏油のことを思っていた

神門 零
神門 零
(傑お兄ちゃん…)

プリ小説オーディオドラマ