無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

413
2019/04/07

第4話

ありがとう



それから、月日はたち、高校を卒業してわたしと蘭は、保育系の大学に入学。
いまは、同じ部屋で暮らしている












そらたちは、中学のときからやっているYouTubeで、「アバンティーズ」として活躍している。
この四人もわたしたちとは別の、一緒の部屋で、暮らしている。


















私たちは、度々というかほぼ毎日大学の授業が終わると、そのままアバハウスに行く。その日の出来事や愚痴を皆に話したり、動画の手伝いをしたりしている。


















え?私とそらの関係?まだ、続いてるよ。
この前、事をやったばっかだもん。














このままこの幸せな日常が、続くと思ってたのになぁ。