無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

💭
Th
Th
っ?!




.
you
you
ててちゃん、?








そう言って顔をあげたあなたは、目が腫れていた。









俺がやったのか。









そこであいつに慰めてもらっている。









今俺が謝ったところであなたの心はぼろぼろになってしまっていた。









もう遅かったんだ。









Th
Th
ごめんっ










俺はそう言って逃げるしかなかった。