無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

19話 そっくりな誰かさん 2
 いつまでそうしていたのだろう。長いことオッパに抱きしめられていた。
あなた
あなた
あっ、ご、ごめん...嫌だったよね
 私は離れようとした。すると、オッパはもう一回私を引き寄せた。
あなた
あなた
オ、オッパ...///
ソクジン
ソクジン
ごめん...
ジミン
ジミン
あなた〜!!
ホソク
ホソク
まだ目覚めない?
あなた
あなた
...あ
ジミン
ジミン
ちょっとヒョン!何してるんですか!
ソクジン
ソクジン
あ...あぁ
テヒョン
テヒョン
ジンヒョンどうしたんです?
ジョングク
ジョングク
目がおかしいんですけどㅋㅋㅋ
ナムジュン
ナムジュン
明後日の方向を向いてるㅋㅋㅋ
ユンギ
ユンギ
おい、今大事なのはヒョンの目じゃねぇ。あなたの具合だ。
テヒョン
テヒョン
そうだ!大丈夫?
あなた
あなた
う、うん
ナムジュン
ナムジュン
明日病院行こうね?
あなた
あなた
皆ごめんね...やっぱりオッパ達の言う通りにしとけば良かった...迷惑掛けっぱなしで...
ホソク
ホソク
ㅋㅋㅋ実はね、僕達にもあったんだよ
あなた
あなた
...え?
ユンギ
ユンギ
前、ツアー中ナムジュンに殺害予告が来た。
あなた
あなた
そんなことあったね...
ホソク
ホソク
あの時さ、ナムジュン出るって聞かなくてㅋㅋ
テヒョン
テヒョン
ヒョンは「どうしても出ないと、待ってるファンはたくさんいるから」って。
 私と全く同じことを...
ジミン
ジミン
それで結局ヒョン少し怪我しちゃって
ジョングク
ジョングク
凄い、似てる
ソクジン
ソクジン
あなた
あなた
あなた
??
ソクジン
ソクジン
リーダーで責任感じるのはナムジュンにとってもよく分かると思う。だけど、そのたくさんのファンの為にも、1人の違う考えを持った奴があの場にいたってことを考えて
あなた
あなた
うん...
ソクジン
ソクジン
お腹減ってない?
あなた
あなた
空いた...
テヒョン
テヒョン
ご飯食べよーーーうっ!!
ジミン
ジミン
食べよ食べよ
あなた
あなた
オッパ達...本当にありがとう...どうやったら恩返し出来るんだろう...
ホソク
ホソク
もう辛気臭い話終わり!!
ユンギ
ユンギ
飯食いたい
ジョングク
ジョングク
ヒョン達もあなたがいてくれるだけで恩返しですよね?
ジミン
ジミン
そうだね!!そうそう!
ソクジン
ソクジン
一緒にいれるのが嬉しい!ご飯食べれるのも!!
あなた
あなた
ありがとう...
 熱い涙が止まらない。












こんなにも、幸せだ。