無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

31話 Tear
今回はソクジンサイドで進めていきます🙇🏻‍♀️🙇🏻‍♀️


いい朝だ。と思いたいけど、あなたが入院していてみんな寂しそう。
ソクジン
ソクジン
手紙...?
 ポストの中には普段あまり届かない直筆の手紙。そこには、キム・ソクジンからチョン・ジョングクまで年齢順に全員の名前が達筆に書いてあった。見覚えのあるこの字。
ソクジン
ソクジン
...あなただ。
あなた
あなた
オッパ達へ
何で手紙と不思議に思われるかもしれませんが、最後まで読んでください。
オッパ達、今までありがとございました。これからもお世話にならないわけにはいきませんがㅋㅋㅋでも、今までよりは頑張って自立していくつもりです。前から私はオッパ達に恩返しがしたいと、迷惑を掛けたくないと言ってきました。そこで入院している間に振り返ったのです。もっと自立しなきゃなと。考えてみれば言葉にしたのはいいものの、行動に移していないんです。だからまず第一歩として、オッパ達の家を出る事にしました。急ですみません。料理、洗濯などはオッパ達でも充分出来ます。私は私なりに成長していきたいです。自分勝手なことは、痛感しています。すみません。でも、叶えたい夢があります。その夢が叶ったら、私がなぜBig Hitに入社し、練習生となったのかをお話ししたいと思います。今まで本当にありがとうございました。 あなた
ソクジン
ソクジン
嘘だろ...
 僕は走った。今日どんな仕事があっても、ダメだ。車に乗り込み、急いで向かう。














僕の愛する人がいる病院へ