無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第92話

75話
You
You
でも、よく分かった
You
You
私の場合は、自分が居なくなるんだ
You
You
だから、1番伝えたい事は、自分で
You
You
そして、笑ってお別れしよう
You
You
ありがとう、廉
You
You
こんな私を好きになってくれて
You
You
本人には、言えないけどねw
私は、まだ気づけていなかったんだ
“誰かが居なくなる”
それは、私の前から、心葉みたいに、誰かが居なくなってしまう事だと思っていた
でも、廉のお陰で分かった
次に居なくなるのは、『自分』なんだ
だから、伝えなきゃ
大切な事だけでも
私が言った通り、いつ居なくなるか分からないんだから…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
























































廉は、リビングに行くと…
廉
俺、あなたに告った
海人
海人
はぃ!?
廉
大丈夫だって、そんなに心配しなくても
廉
あなたは、海人一筋だったよ?
海人
海人
/////
海人
海人
良かった…
紫耀
紫耀
マジか!じゃあ、俺も告ってこよ〜
海人
海人
はぁ〜?
玄樹
玄樹
じゃあ、僕も〜
じん
じん
俺もそうしようかな
海人
海人
ちょ、ちょっと、何言ってんの!?
優太
優太
俺も告る〜!!
海人
海人
え?嘘でしょ
じん
じん
嘘な訳ないじゃん
玄樹
玄樹
大丈夫だって、あなたは、海人一筋な訳だし
紫耀
紫耀
しっかり、伝えときたいんだよ
海人
海人
え〜、でも…
廉
あなたの事信じてやれって
海人
海人
そっか、それもそうかも
廉
ま、でもみんなにアドバイスするとしたら、急いだ方がええで?
優太
優太
え?それってどういう事?
じん
じん
まさか…
廉
そのまさかや
廉
まぁ、詳しくは、あなたから聞いた方がええで?
海人
海人
それで、あんな態度とったのかなボソッ
廉
きっと、心配かけたくないねんてボソッ
海人
海人
でも言ってくれれば良かったのに
廉
ちょっと待ってみ?
海人
海人
うん…