無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

支え合うこと。
ウジ
ウジ
...さ、説明してもらおうか。
ホシ
ホシ
時間もないし手短にね。
Soyun
Soyun
あの...えっと...
イェリ
イェリ
ねぇウジ?
私まだ状況がイマイチ掴めてない...
ツウィ
ツウィ
わ...わたしも...。
ソユンさんがあなたってどゆこと?
ウジ
ウジ
それを今から説明してもらうんだろ。
“ソユン”じゃなくて“あなた”としてな。


























全員の視線が私に来る。
...圧がすごい。



You
You
(正直に言うしか無いのか...?)
ウジ
ウジ
当たり前だろ。
ウソついたら知らねぇから。
You
You
(げ...また読まれてる...)
Soyun
Soyun
う...うそなんて...つきません。
ホシ
ホシ
じゃあ正直に話してくれるよね?
Soyun
Soyun
.....



















.











You
You
私はキム・あなたです。
You
You
あの日...5年前、
みんながアイドルだって知った日、
You
You
SKY エンターテインメントに
スカウトされて練習生になりました。
You
You
それから2年間ほど練習生として過ごし
3年前にデビューしました。
ジノ
ジノ
...っ、てことは、
あなたは本当にあなたなの...?
You
You
...うん。そうだよジノ。
テヒョン
テヒョン
...なんであの時黙ってたの...?
You
You
...それは...
ジフン
ジフン
“別れが辛いから”...だろ?
You
You
.....
ジス
ジス
黙って去っていかれる方が
すごい寂しいし辛いんだけどな。
You
You
...ごめんなさい...
ナンシー
ナンシー
意味わかんない。
スルギ
スルギ
ほんとそれな。
















もうこれで終わりかな。
二度と友だちには戻れない。









そう思っていたのに。


































ナンシー
ナンシー
何か手助けくらいは出来たのにさ〜ㅋㅋ
スルギ
スルギ
若くても現役アイドルだったしㅋㅋ
You
You
え...?
ミナ
ミナ
ホントだよ!ㅋㅋ
もっと頼ってくれてよかったのに!
フイ
フイ
相談してくれれば
アドバイスくらいできたと思うよ?
You
You
みんな...
グク
グク
も〜、これだからあなたは
俺らの事な〜んにも分かってない。
ジソン
ジソン
そそそ。俺らだってあなたに
もうちょっと頼って欲しかったな〜
You
You
...ごめんなさい...
ロゼ
ロゼ
まぁでも?
こうやって再会できたし良かったよ!
ミナ
ミナ
確かに!ㅋㅋ



















あぁ













































こういう事を“支え合う”って言うんだ。