無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第115話

113
오빠は寝てしまった 私は오빠からやっと解放された 本当にこの人は わがままなんだから 寝てるから言ってあげるね 私の本心
ワタシ
ワタシ
오빠寝てる?
ワタシ
ワタシ
寝てるね 오빠
私もずっとずっと
愛してるから
오빠以上に好きに
なる人なんてこの先も
絶対にいないよ
キムテヒョン
キムテヒョン
寝てる間に愛の告白?
ワタシ
ワタシ
うっ
ワタシ
ワタシ
夢なんじゃない?
キムテヒョン
キムテヒョン
良かった~
キムテヒョン
キムテヒョン
あなたの本心聞けて
ワタシ
ワタシ
いや、多分夢だな
キムテヒョン
キムテヒョン
あなた愛してるよ
ワタシ
ワタシ
そうですか
キムテヒョン
キムテヒョン
起き上がるから
手貸して
ワタシ
ワタシ
あ、うん
NEXT⇒