無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

第2話
一松
一松
ならいいじゃん
今からやるからちゃんと思い出せよ?
カラ松
カラ松
お、OKだbrother
一松
一松
(乳首)ぺろぺろ
カラ松
カラ松
ふ、ふぁっ///
一松
一松
ちゃんと思い出してる?
カラ松
カラ松
頑張って思い出そうとしてるっ///
一松
一松
ふーんペロペロペロカリッ(乳首かじる音)
(感じちゃってかーわい)
カラ松
カラ松
んぁっ///ひぎぃ///
その頃のおそ松




隠れて聞いていた
おそ松
おそ松
いちまっちゃんやるじゃな〜いww流石のカラ松も抵抗出来ねぇってかwそれにしてもカラ松顔真っ赤にしちゃってぇー可愛いとこあんじゃん♪
一方一松はおそ松がいることに気づいていた
一松
一松
こっちはどうなってんだろ?
カラ松
カラ松
あっ!そっちはダメだっ!記憶が吹っ飛ぶっ!
一松
一松
本当はこうゆうの嫌いじゃないんでしょ?
いっそ吹っ飛べばいい何回もイけ
グチュグチュ
カラ松
カラ松
あっ///あぁっ///
一松
一松
もっと声だして聞こえない(おそまつ兄さんにね)
カラ松
カラ松
声出したらみんなに聞こえるじゃないかっあっ///
一松
一松
それが目的だからねぇヒヒッwww