無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6.任務
赤羽業
赤羽業
ねぇ〜
あなたちゃん戻ってこなーい
潮田渚
潮田渚
電話出るって言って
もう10分は経ってるよ…?
ガラッ
茅野カエデ
茅野カエデ
あれ?
まだいたの?
潮田渚
潮田渚
まだいたのって……
あなたさんが
電話しに行ってから
帰ってこないんだよ
茅野カエデ
茅野カエデ
へ?あなたちゃんなら
怖い顔しながらどっか行くの見たよ?
潮田渚
潮田渚
えぇ!?
赤羽業
赤羽業
A組関連かな〜
茅野カエデ
茅野カエデ
いや、本校舎と真逆の方に
走ってってたよ?
赤羽業
赤羽業
ふーん
潮田渚
潮田渚
なら…教室戻ろうか………
赤羽業
赤羽業
そうだね〜
あなたside
今日は………久しぶりの仕事
失敗すれば…………また………
こんなこと考えてる場合じゃない
今回もきっちりこなすのみ
無能は無能なりに頑張ればいい
スノーホワイト
スノーホワイト
……………いた…
見つけた
今日のターゲット
今はもう廃虚と化した工場らしきところに
黒ずくめの男が何人か入っていった
スノーホワイト
スノーホワイト
さて………いっちょ殺りますか……
僕は誰にも気付かれずに廃墟へ入ることに成功した
すると………
モブ
モブ
誰だお前は!
一人の男が叫ぶと次々に人が来て
あっという間に囲まれてしまった
モブ
モブ
おい………こいつあの
スノーホワイトじゃないか!?
モブ
モブ
こいつを仕留めれば……
やれ!
僕がそう簡単にやられるわけないじゃない
僕は上に飛び
スノーホワイト
スノーホワイト
ハッ!
無数のナイフを投げた
モブ
モブ
ぐわぁぁぁぁぁぁ!
モブ
モブ
ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!
弱すぎた
スノーホワイト
スノーホワイト
あっけない………
その後も次々に下っ端が出てきたが
素早く殺し、ようやく
ボスの元に来た
モブ
モブ
よくも俺の部下を殺ってくれたな
スノーホワイト
スノーホワイト
スノーホワイト
弱すぎるよ
あんたの下っ端
スノーホワイト
スノーホワイト
下があんだけ弱いんだ
あんたもどうせ弱い
モブ
モブ
なんだと…………
銃も使えないガキが!
そう言うと銃をこちらにむけた
バァンッ
ギリギリのところで交わした
スノーホワイト
スノーホワイト
(あっぶな………)
その後も乱射は続いた
だけど僕は無傷
そして相手は弾切れ
モブ
モブ
くそっ!
スノーホワイト
スノーホワイト
残念だったね
さよなら
僕はそう言うと静かにナイフで刺した
任務が終わった
ボスに伝える………この時が怖いのだ
プルルルルップルルルルルッ
スノーホワイト
スノーホワイト
ボス………任務………おわり……ました……
ボス
ボス
遅いんだよ!
スノーホワイト
スノーホワイト
す……すみませッ!
ボス
ボス
だからお前はいつまでたっても
無能なんだ!
無能呼ばわりされてるけど
実は僕1000人以上は殺してるかも←
ボス
ボス
帰ってきたらおしおきだ
逃げるんじゃねぇぞ
ブチッ
そう言うとボスは電話を切った
スノーホワイト
スノーホワイト
はぁ………もうヤダ………