無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

この気持ち
帰ってきて
シルク
あー気持ちよかったわ風呂。
マサイ
久しぶりだよね
あなた

お風呂おっきかった!

モトキ
よかったね(*´ω`*)
りっちゃん
あなたちゃんはしゃぎすぎて
えっちゃん
疲れた笑笑
シルク
あ。みき。
これ。おかかで大丈夫だったか?
みきぽん
うん!大丈夫!(*´ω`*)
シルク
((ドキッ))

(なんでだ?なんでドキッとすんだ?まさか・・・な。)
マサイ
シルク?どした?
シルク
へ?あ、なんでもねー。


あ、あなた。これから俺のことパパってよべな
あなた

わかった!パパ!(*´ω`*)

ン、マ、モ「か、かわいい!」
『笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑』

あのあとみんな、部屋に戻っていった。
おれはマサイおんなじ部屋
マサイ
なぁ、おまえまさか
シルク
マサイ
みきさんのこと好きなんじゃねーの?
シルク
え?
マサイ
お前さっきぼーっとしてたでしょ。
あと。おにぎり渡したあと笑顔で返されて
顔赤くなってたし
シルク
(//∇//)
マサイ
ほらな
シルク
分かんねーんだよ。
これが好きなのか
まぁ、多分好きなんだろうけど笑笑
マサイ
俺手伝うぞ?
シルク
え?
マサイ
告るの!
シルク
え、あ、うん。で、でも・・・
マサイ
大丈夫だ!