無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,460
2017/11/17

第48話

お願い。
あなた

やほー、モトキ!

あなた

何でみんなちょっと泣きそうになってんの笑

シルクロード
い、いや、なんでもねぇよ!
早く話そうぜ‼︎
あなた

ん。
じゃあ…

あなた

モトキ。今までありがとう。
あの日ー大人数企画の日に声掛けてくれてなかったら
今の関係はなかったね…
あの時は、ほんと嬉しかった!

あなた

私が辛い時はいつもそばにいてくれた。
他の人が気付かないこととかも気付いてくれて…

あなた

モトキは真面目で、優しくて、面白くて…
ときどき空気読めないときとかあるけど、
そういうとこ全部含めて好きだった。

あなた

私の都合で色々振り回しちゃってごめんね?
脱退とか、別れよとか。
でも、やっぱりFischer'sは7人でFischer'sだし、
モトキならもっといい人見つかる。
だから、私のことなんスパッと忘れて前向いてね!

あなた

モトキがこれ見てるってことは、
私もう死んじゃったんだね…
そしたら、最後にひとつだけお願いがあるんだけど…











































あなた

私のお願い、絶対叶えてね?
モトキに出会えて、ほんとに良かった。
幸せな人生をありがとう。

---------------------------------------------------------
あなたにもう会えないなんて
やっぱり最初は信じたくなくて、ずっと家に引きこもっていた。

それから2週間−
家から出ないおれを心配したシルクとマサイが家を訪ねに来た。
そして見せられたのがこれ、という訳だ。
モトキ
これ…。
シルクロード
うん、あなたが、元気なうちに撮りたいからって。
モトキが落ち着いてきたら、見せてくれって頼まれたんだ…
モトキ
っ…。なんでだよ…戻ってきてくれよ…‼︎うぅ…。
マサイ
ほら、いつまでも泣いてたらあなたが心配すんだろ。
あいつのお願い、叶えてやろうぜ?