無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

12
2018/07/10

第3話

遠足と友情と好意
東堂が転校してきて、約2ヶ月が過ぎた。
今、私たちを楽しませているのは
2年生最大行事のひとつ、遠足である
私たちが通っている高校では、2、3年生で 一年に1回ほど遠足がある
それと、その遠足の行き先が豪華なのである
これを遠足と呼べるのかは置いておいて
桃井 菜子
遠足!楽しみだねぇ!
石動 幸子
確かに、今回の行き先は東京だもんな!
桃井 菜子
うん!
お金たくさん持って行って、沢山欲しいもの買おう!
桃井は満面の笑みで、ワクワクしていた
虎洞 竜也
おいおい、遠足だぜ?
そんなに期待するなよなぁ
石動 幸子
そういう竜也だって、めっちゃソワソワしてるじゃん!
虎洞 竜也
まじか、バレたか!笑笑
東堂 春美
ね、ねぇ
お願いがあるんだけど・・・・・・
と、突然会話に入ってくる東堂
桃井 菜子
どうしたの?東堂さん
東堂 春美
私も遠足の時、い、一緒に行動していい・・・・・・?
虎洞 竜也
いいねぇ!
ちょうど班作りで迷ってたところ!
東堂さん、一緒にまわろ!
東堂 春美
あ、ありがとう😊
みんな、笑顔になり
遠足の班も決まった。
しかし、この遠足が、思いもよらぬ出来事を
引き起こす、引き金となる・・・・・・