プリ小説

第23話

あなたsaid





某日の定時





「照史くん帰ろ〜」










桐「おん」










照史くんは、










なんかいつもと違った










帰り道一言も話さないで、










何かを考えていた










分かれ道に立った時










やっと照史くんは










口を開いた










桐「俺なぁ

あなたのこと好きやねん

よければ、

付き合ってほしい」









「え、?」










まさかこんなこと言われるなんて










思ってなかった










初めて、照史くんの気持ちを知った










「ごめん照史くん、

すぐには、応えられない、」










桐「せやんな

急にごめんな」










「ううん、」










望にも聞こうかな










家─





「望」










『ん?』










「あのね、」










『おん』










なかなか言い出せない










『なに?』










「照史くんに好きだって言われたの」










『え、』










「迷っててさ、

照史くんいい人だし、『嫌や!!』

え?」










『嫌!

俺、照史くん嫌いちゃうけど、

俺のがあなたのこと好きやもん!』










「え、」










さりげなく好きって言われた?




シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

はな🌷
はな🌷
見てくれたら嬉しいな☺💭 おはこんちばんは。 はな🌷だす。 (小説はあくまで名前を借りてるだけです 実際の方々とは関係ありません) ✃✁✃✁✃ 帰ってこれました! 名前変えました〜。 ✃✁✃✁✁ ☟LOVE☟ ◎SEKAI NO OWARI ◎AAA ◎ジャニーズWEST ◎ジャニーズJr. ◎TWICE ◎新垣結衣 ◎戸田恵梨香 ◎比嘉愛未 ◎磯村勇斗 ◎小関裕太 見てくれてありがとうございました😍💗