第50話

“なんでもないよ”
518
2018/08/08 00:16
、、川!小川!!
みなみ
ん、ああごめん笑
大丈夫?なんか考え事してた?
みなみ
ううん、なんでもない!
そー?ならいいけど、、
お前いろいろ隠すから、、
みなみ
隠してないよ!
大丈夫だよ!気にしないで?
うん、、
なんかあったら言えよ?
みなみ
う、うん!ありがとう!






((相談なんて出来ないや、、
分かってくれる人いないもん。




監督
小川、休憩入っていいぞ。
みなみ
はい!かなちゃんとゆうなは、、?
監督
あの二人まだ仕事してるけど
先に休憩入ってていいよ。
みなみ
あ、分かりました!
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
後輩部員
先輩!氷もらってもいいですか?
みなみ
はーい!ちょっと待っててね。
((あれ、氷向こうにある、、
私戻し忘れたかな?
バッ
誰かが私の持っていた袋を取った。
優太
俺やるよ。
みなみ
優太!
いいよ。これ私の仕事だし、、
優太
みなみは座ってな?
みなみ
でも、、次試合だよ?
休んでないと、、
優太
いいんだよ。
俺らが1番助けてもらってるんだから。
みなみ
そう、、?
ごめん。ありがとね。
優太
気にすんなよ。座ってろ。
みなみ
うん、、
((なんか申し訳ない、、
1番仕事できてないのにやってもらってる、、
優太
、、どうした?
みなみ
な、なんでもないよ!
優太
ほんと?
みなみ
うん!ほんとほんと!
みなみ
氷ありがと!後は私やるから!
優太
え、あ、うん、、

プリ小説オーディオドラマ