第48話

654
2022/07/23 01:05


温い風がホテルの部屋を吹き抜ける。






長かったようで短かった合宿。







部員も私も成長できたはずだ。







明日ホテルを離れるための荷造りをしていると、誰かがドアをノックした。



コンコン



あなた
はーい
向井理
向井理
あなた、今いいかな?
あなた
はい、どうぞー!



ガチャ



向井理
向井理
失礼しまーす、
向井理
向井理
…荷物多いな笑笑
あなた
女の子は大変なんです!!!
あなた
何の用ですか!!
向井理
向井理
そんな怒るなよ笑笑
向井理
向井理
帰った後の流れだけど、





帰った後の流れや大会に向けての練習を理兄が説明してくれる。











マネージャーって大変だけど、頑張る選手達を支えながら同じ目標に向かって進めるから好きなんだよなあ、、









向井理
向井理
とりあえずあなたもお疲れ様。
帰るまでちゃんと休めよ?
あなた
はいはい、理兄もね!
向井理
向井理
おう笑笑  じゃあ明日、時間になったらロビー集合な
あなた
はーい!



バタン


2週間程ではあったが、確実に部員との絆も深まった。なんだか外の風に当たりたくなって、屋上に向かった。









ここで流星が悩み打ち明けてくれたんだっけ、








合宿での思い出が蘇る。





あの日と同じように空には星が輝いていた。





カシャッ




目の前の海には月の光で道ができていて、綺麗で思わずスマホで写真を撮る。





目の前の空に、「インターハイで優勝できますように」という願いを込めて屋上を去った。









部屋に戻って、明日に備えて眠りにつく。








プリ小説オーディオドラマ