無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
18
2020/01/18

第2話

私の話を聞いてくれるのはあなただけ 一話
豊川雨
豊川雨
こんばんは、お月様。
幻想郷のある幼い少女は、月に話しかけていた。
もう、ずっと昔に買ってもらった、小さなお気に入りの椅子にぽつんと座っている。
豊川雨
豊川雨
久しぶりだねー。
彼女には、月の声が聞こえるのだ。
豊川雨
豊川雨
今日はねー、お兄様が来たんだ。
今日の朝
豊川ルルア
豊川ルルア
雨。おはよう
豊川雨
豊川雨
おはようございます。お兄様
豊川ルルア
豊川ルルア
ふっふっふっ、今日はねー。本を買ってきたんだ!
豊川雨
豊川雨
ええっ、どんなのですか?
豊川ルルア
豊川ルルア
宇宙の秘密への鍵って言うんだ!
豊川雨
豊川雨
ほへー、面白そうですね。
豊川ルルア
豊川ルルア
でしょー!僕のお姉ちゃんと選んだんだ!