前の話
一覧へ
次の話

第45話

二度と降りれない階段がある。
763
2022/12/12 09:00



          プルルルルル


兎原 跳吉
 ね、猫田はいねぇぞ! 
猫田 あなた
 ....兎くんよく聞いて 
猫田 あなた
 今回のことは水に流すから。 
猫田 あなた
 だからお兄ちゃんを差し出して。 
猫田 あなた
 GPSでそこにいることはわかってる。 


         "  げぇッ  "


兎原 跳吉
 早く変われ!! 
猫田 あなた
 .... 
猫田 又彦
 あ、もしもし...? 
猫田 あなた
 今から言うことよく聞いて。 
猫田 あなた
 _____ 
猫田 あなた
 _____して。 
猫田 あなた
 兎くんに連れてきてもらってね。 
猫田 又彦
 .....分かった。 
猫田 あなた
 じゃぁ、待ってる。 



















___













又太郎
 なにしてたの....? 
猫田 あなた
 うーん.. 
猫田 あなた
 ....大人の力を使ってた..? 
又太郎
 おとなのちから.... 
猫田 あなた
 ....子供はね、 
猫田 あなた
 わがままい言うことが仕事なの。 
猫田 あなた
 親はね、 
猫田 あなた
 そのわがままに答えなきゃいけない。 
又太郎
 でもわがままいったらこまるでしょ? 
猫田 あなた
 もちろんダメなものはだめだよ? 
猫田 あなた
 誰かを傷つけることとか、 
猫田 あなた
 社会的にOUTなものとかね。 
猫田 あなた
 それ以外ならいいんだよ。 
猫田 あなた
 あれをやりたい。 
猫田 あなた
 これをやりたい。 
猫田 あなた
 あれが欲しい。 
猫田 あなた
 これが欲しい。 
猫田 あなた
 小さいうちにたくさんのものにね、 
猫田 あなた
 触れてほしいんだ。 
猫田 あなた
 そしてね、 
猫田 あなた
 たくさん学んで、 
猫田 あなた
 たくさん考えて、 
猫田 あなた
 ちょっとずつおと.... 
又太郎
 おと? 
猫田 あなた
 階段を登ってほしいな。 
又太郎
 なんのかいだん? 
猫田 あなた
 絶望という名の階段。 
又太郎
 ひぇ.... 

プリ小説オーディオドラマ