無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

837
2021/06/06

第2話

1話




五条side



夜蛾)やって来てほしいことがある



いつものように任務の話かと思ったら違った



さしす)??


夜蛾)ある少女のもとへいってほしいのだ




硝子)少女ー??




悟)何で呪術師でもねぇ奴の所に行くんだよ



傑)それくらいこれから話すだろう、そこまでボケちゃいないさ



悟)それもそうか


夜蛾)ピキッ


あ、怒った

後で拳骨食らうな



硝子)で、その子特別なんですかぁ~?



夜蛾)その少女は幼い頃呪霊と仲良くしていたらしい


呪霊と、、、あんな気持ち悪いやつらとよくもまぁ



傑)それだけならいそうですけどね他にも



夜蛾)だが、その少女はそれだけでなく、、、呪霊と「会話ができるらしい」




呪霊と会話?


へぇ~



悟)で、そのガキの名前は?



夜蛾)ガキといってもお前らと同い年だ



夜蛾)名前は、、、、「七雅星シチガセイあなた」だ