無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

2人で出かけるはずだったのに
1,369
2022/06/09 15:26

目黒side









目黒蓮です。









今日は、愛してやまない阿部ちゃんと










2人きりで、出かけようと思ってたのに









佐久間「阿部ちゃーん!ここ行きたいねー」










なんで佐久間くんまで。









時の発端は、昨日。








明日、どこ行くか話し合ってたら









佐久間くんも行きたい!って言ってきて









心の中では「はぁ……まじか」って思ったけど










阿部ちゃんがいいよって言っちゃったからさ。









阿部「そこいいね。」








佐久間「景色いいカフェだよね」








阿部「どこ行くか決まってなかったし」









俺の中では、映画いって、ご飯たべて、買い物して









少し散歩してからの、裏のほうの焼き鳥やさんで食べて、呑んでしてからの









家。だったんだけど……まぁ無理だね。









阿部「めめ、ここ行くでいい?」









『えっなに?』









佐久間「なにって、ずっと話してたじゃんかー。今からどこでご飯食べるか」









阿部「景色も良くて、ご飯とかデザートも美味しそうなところがあるんだけど、どうかなって」









考えてて、聞いてなかった。









にしても、阿部ちゃんがかわいすぎるー










阿部「ダメ?」








『ううん、そこ行こっか』









阿部「やったー。佐久間、行こ」









佐久間「オー」









2人が先頭に俺が後ろを歩く。










2人きりのデートを楽しみにしてたけど……









これはこれで楽しいかも。











阿部「じゃあ俺、予約してくるから外で待ってて。」








佐久間「りょーかい」








『わかった。ありがとう』









佐久間くんと2人。








佐久間「めめさ、本気で阿部ちゃんが好きなんだよね」









『そうだけど』









佐久間「頑張ろうな。阿部ちゃんは中途半端だと絶対気づかないから。まぁガチで言っても気づかないんだけどね」









『佐久間くんは、告ったことあるの?』










佐久間「……あるよ。でもメンバーとして好きって捉えちゃってさ阿部ちゃんが。」









『そうなんだ』








こんなにマジで話してる佐久間くん知らないかも。










『俺と阿部ちゃんを2人きりにさせたくなくて来たんですよね』









佐久間「あーそれもあるけど。1番はこの日を逃すと今月阿部ちゃんとどこも行けないからかな」









『そうなんすね。あの、俺メンバーとか先輩とか関係なく、本気で阿部ちゃんを堕とすんで。そこの所よろしくお願いします』









佐久間「もちろんだよ。妥協されて勝っても嬉しくないしね。正々堂々勝負な」








『ライバルここ2人だけじゃないっすけど』









佐久間「それは確かにそうだね」










阿部「取れたよー……って何話してたの」









『なんでもない。もう入れるの?』









阿部「入れるよ。本当に何話してたの」









佐久間「行くでやんすよー」









阿部「えー気になる」









阿部ちゃんには、言っても伝わらない話です。