無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

君のありがとうが…
大好きな先輩からの

「ありがとう。」

嬉しいはずなのに…

こんなにも苦しいありがとうが

あるなんて知らなかった。

先輩、先輩、先輩。

胸が苦しいです。