無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

100
2020/08/04

第4話

優しさ
スンヨンはその車に気付いて
私を突き飛ばした。
私が車にひかれないように。
私の意識が途絶える前
最後に見た彼の姿は
血だらけになった姿だった。