第15話

14話
2,212
2021/06/11 12:53





















































































________














          今日は水曜日





































































     そう 。 今日は私と悟の記念日






























































































  

















  朝から任務があり、

       急いでその任務を終わらせた






































































































           今は夕方 。






































































  いつもより、おしゃれをして

       いつものように悟の帰りを待つ




























































































       晩御飯は、悟が好きな料理
























































































   冷蔵庫には、買ったケーキをいれてある






















































































  いつもは悟が買ってきてくれるが

     忙しそうなので今年は私が買った

















































あなた
………帰ってくるかな…、













































































       ご飯の準備をして、悟を待つ


































































































  
























____ガチャ
























あなた
……ッ !!











































    ドアの開く音が聞こえ、

           急いで玄関へと行く










































あなた
……ッ!
あなた
おかえりッ、!
五条 悟
………
五条 悟
ただいま、


























































   玄関にいくと、

          悟がいて思わず驚く

























































 



























  もしかして………

   今日が記念日だって覚えてるのかな…?



































































































あなた
……あ、ご飯あと味見するだけだから、ちょっと待ってね、
五条 悟
うん、













































































    そう言い、急いでキッチンへと向かう







































あなた
……( ♪
五条 悟
…………
あなた
…よし…味は問題なし…














































   味見をし終わり、料理を机にへと並べる





 




































































































 近くには、

 ソファーに座ってスマホをいじっている悟がいる

























あなた
悟、ごは____
五条 悟
あ、ごめん、今から任務入った
あなた
…………え、?
五条 悟
今日は家に帰れないと思う、
あなた
……え……ちょっと…
五条 悟
………何 ?
あなた
今から任務行くの、?
五条 悟
うん、それが何 ?
あなた
…ッ!
あなた
…だって、今日___
五条 悟
今日が何 ?
五条 悟
今日って何かあった ?
あなた
………え……、?
五条 悟
ないなら、もういい ?
あなた
あ、まっ____
































       すれ違ったときに

       悟から、香水の匂いがする























 



















 
   それも悟がつけなさそうな香水の匂い

   







































































五条 悟
じゃあ、行くから
あなた
……ッ、










































____バタンッ































































あなた
…………








































       バタンッ とドアが閉まる




















































 








































































     『 今日って何かあった ? 』


























































































































        私が馬鹿だった .   

















































































      期待した私が馬鹿だった . 






























































 








































































 いつの間にか、

  私は貴方の背中を眺めているようになってた








































 






























  




 


     貴方の隣には私じゃなくてあの子






















































































   あの香水の匂いどこかで嗅いだことある

 

  

















































        きっと、あの子のだ








 


























































        分かってたんだ .











































































































































































      貴方が 浮気 していること















































        本当は気づいてたんだ .








































































































































































        大好きだったのに____






























































        信じてたのに____





























































































あなた
ねぇ、悟ッ……、
あなた
もうッ……辛いよッ…、、


























































































































next
____________________


















プリ小説オーディオドラマ