無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

仲間
鈴木達央
ところでゆめ、お前どこに行こうとしてたんだ?
ゆめ
ゆめ
アフレコの収録スタジオに行こうとしてたんですけど、、、迷ってしまって…。

今日…私の初仕事なのに、、、。
彼は私の顔を ジーッと見ると、頭を撫でた。
鈴木達央
俺が連れて行ってやるよ!
俺も今日仕事だからよ。ついでだ笑。
ゆめ
ゆめ
あ、ありがとうございます…!
私達は歩き始め、達兄がアフレコの収録スタジオまで案内してくれた。
鈴木達央
ここじゃねぇか?
ゆめ
ゆめ
あ、はい!ここだと思います!
一緒に探していただいてありがとうございましたm(*_ _)mペコリ
鈴木達央
ああ。
ゆめ
ゆめ
ところで、達兄はどこのアフレコの収録スタジオに行かれるんですか?
達兄はニヤリと笑い…
鈴木達央
ここだぜ?(σº∀º)σドヤ
私は( ゚д゚)ポカーン。思考回路が止まってしまった。
ゆめ
ゆめ
え、ええぇぇえええええ?!

(てことは、私と一緒にアフレコするってことだよね?!えぇぇぇぇ!?)
鈴木達央
初仕事、頑張れよ?
応援してるぜ?( ー̀∀ー́ )
ゆめ
ゆめ
は、はい!
すると、達兄は(アフレコの収録)スタジオのドアを開け、挨拶をした。

ガチャ
鈴木達央
おはようございますー!
謎の人1
謎の人1
おおー!たつじゃんー!
今日からよろしくな!
謎の人2
謎の人2
達さん、おはようございます。
今日からよろしくお願いします!
鈴木達央
ああ、よろしくな!
ゆ・う・た・ん?( ー̀∀ー́ )
梶裕貴
ちょっ、笑。
やめてくださいよ〜///
ゆめ
ゆめ
(あの人達…誰なんだろう…?)
立ち止まって、達兄の後ろに隠れていると…
謎の人1
謎の人1
あれ?たつ、後ろの女の子誰なんだ?
鈴木達央
ああ。ゆめの事か?

俺の妹((ボソッ…
謎の人1
謎の人1
え?!妹?!
私は慌てて、達兄の前に出た。
ゆめ
ゆめ
ち、違います!
私は夜月 夢と言います。

今日から達兄と仕事をさせて頂くことになっただけなんです…///
気づくと、達兄と二人の男の人達は
( ゚д゚)ポカーン。
鈴木達央
クスッ…。
謎の人1
謎の人1
妹じゃないじゃーん笑。
ビックリしたよ!
謎の人2
謎の人2
ほんとですよー!
ビックリさせないで下さいよー!笑。
鈴木達央
悪ぃ悪ぃ、冗談だって笑。
達兄は私の顔を見てまた笑った。
鈴木達央
ゆめ、お前顔…真っ赤だぞ?笑。
ゆめ
ゆめ
っ……///
下野紘
あ、俺達まだゆめちゃんに自己紹介して無いじゃん。


声優の下野紘です!
呼び方は何でもいいよ!

次、ゆうたん。
梶裕貴
ちょっと笑。下野さんまで…その呼び方やめてくださいよ〜///

えっと、声優の梶裕貴です!
僕も呼び方は何でも大丈夫だよ!
よろしくね!
下野紘
ゆめちゃんって呼んでもいいかな?
梶裕貴
僕も呼んでもいいかな?
ゆめ
ゆめ
は、はい!ありがとうございます!
鈴木達央
俺、ずっと気になってたんだけどさ、ゆめは敬語じゃなくて普通に喋って欲しいって俺は思うんだけど、、、ダメか?
下野紘
俺もそう思う。
たつが言ってたけど、妹じゃなくても俺たちからみたら妹ができたようなもんだよ。ゆめちゃんからみてもお兄ちゃんみたいなもんなんなんだからさ、気安く呼んでよ´`*
梶裕貴
今日から僕達はゆめちゃんの「仲間」なんだから敬語じゃなくても大丈夫だよ?
ゆめ
ゆめ
ありがとうござ、、、じゃなくて…ありがとう(?)
鈴木達央
その方が俺達も喋りやすいし、ゆめも気を使わなくて済むだろ?(  ¯﹀¯  )ニヤ
ゆめ
ゆめ
うん…ありがとう、、、。
しもんぬとゆうたんは達兄と私の事を優しく遠くから見守ってくれていた。



--------------------------------------------------------------------------------
次回 作者からのお願い


この小説を読んでくれてありがとうございますm(*_ _)mペコリ


また、色んな声優さんをこの小説に出してい
こうと思っているので応援よろしくお願いします🙏

それではまた。