プリ小説

第4話

🌷
何回かやった後に剛典が
剛典
俺 と 付 き 合 っ て 欲 し い 。

そう言った。
あなた

う ん 。 い い よ 。


私は未来よりも、夢よりも

剛典との恋が大切だと疑うこともせずに、

あなた

剛 典 ?

剛典
ん ?
あなた

好 き だ よ 。

剛典
へ へ ッ 、俺 も 。
あなた

だ か ら ち ゃ ん と 話 し て 欲 し い 。

剛典
そ う … だ な 。
剛典
ち ゃ ん と 話 す よ 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ㅤちょこぷりん🍮
ㅤちょこぷりん🍮
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤ↓ ↓ ↓ ᵒᴾᴱᴺ ↓ ↓ ↓ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 完 全 バ グ っ て 消 ゑ ま し た _ 無 浮 上 に 近 い 低 浮 上 ___ フ ォ ロ バ 率 超 低 め