無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

ごめんなさい。
皆さんホントに申し訳ございません
この作品の存在を完全に忘れていました。
昔かきたいと思ってたことが思い出せないので、
申し訳ないのですが、この小説は書けません。
楽しみにしてくださった方、お星様つけてくれた方ありがとうございます。新しい作品を作るの予定です。そちらではちゃんとやっていくつもりなので、よろしくお願いします。
ころん
ころん
ごめんね(´;ω;`)