無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

初詣
(なまえ)
あなた
今日は初詣行きましょ〜
エマ
エマ
いぇ〜い(?)
ギルダ
ギルダ
ちょっと待ってあなた、エマ!!!グイッ
(なまえ)
あなた
なになに!?
アンナ
アンナ
いいから〜♪
ノーマン
ノーマン
ニヤニヤ
レイ
レイ
どうしたノーマン?
ノーマン
ノーマン
別にぃ〜
数分後…
エマ
エマ
お待たせ!
ギルダ
ギルダ
ちょっとエマ走らないの!
ノーマン
ノーマン
ブシャアア←※鼻血
エマ
エマ
ノーマン!?
ノーマン
ノーマン
ご馳走様デス/////
エマ
エマ
アンナ
アンナ
あなたおいで!
(なまえ)
あなた
初めて着たから…どうかな?チラッ
レイ
レイ
満腹です←
そう、私とエマは着物を着ているのだ!
浴衣とはまた違って少し緊張する
エマ
エマ
早速行こう!!
ギルダ
ギルダ
エマ、似合ってるから走らないようにね?ニコニコ←圧((
エマ
エマ
は、はーい
てことで神社到着!
まぁたくさん人がいる訳ですよ(お約束)
やっぱりノーマンはさらりと手を繋ぐ訳ですよ
レイは照れながらでもしっかり繋いでくれるのですよ
可愛いかよ((←はい作者は引っ込んでください〜
チャリン
パンパン
エマ
エマ
(家族とずっと一緒にいられますように)
ノーマン
ノーマン
(家族の誰かが大きな怪我や病気になりませんように)
レイ
レイ
(家族がいつも笑顔でいられますように)
(なまえ)
あなた
(家族皆幸せになれますように)
それからおみくじ!
エマ
エマ
待って、皆大吉!?
ノーマン
ノーマン
凄い!
レイ
レイ
こんなことあるんだな…
(なまえ)
あなた
流石私達!
そして少しお店を回った
(なまえ)
あなた
(う〜下駄慣れないから痛くなってきた…)
レイ
レイ
あなた大丈夫か?
(なまえ)
あなた
え、あ、うんニコッ
エマ
エマ
ねーねー、お化け屋敷入ろ!←え、新年早々ですか
(なまえ)
あなた
いいよ〜!
2組に別れて先にエマ、ノーマンペアが行く
少しして私達も入る
レイ
レイ
お前足大丈夫か?
(なまえ)
あなた
大丈夫だって〜
レイがまた尋ねて来て私は笑って答える
バアアアアッッッ
(なまえ)
あなた
わぁぁぁ!?
突然お化けが飛び出て来て痛む足がガクンとなり(語彙力)尻もちをついてしまった
レイ
レイ
大丈夫か!?
(なまえ)
あなた
大丈夫…
慌てて立ち上がると痛む足をすった
(なまえ)
あなた
ッッッ!!
レイ
レイ
やっぱり痛むんだろ?
レイはため息を吐いてひょいと私も抱える
(なまえ)
あなた
レイ!?/////
動揺する私を無視してスタスタとお化け屋敷を出る
まずい…本気で怒らせたかな…
先に出てきたエマ達がこちらへ駆け寄る
エマ
エマ
あなたどうしたの!?具合悪いの!?
慌てるエマをよそにノーマンは察したようだ
ノーマン
ノーマン
エマ、少し2人だけにさせてあげよう
エマ
エマ
レイ
レイ
悪い
私は人気のいない神社の裏に連れて来られた
(なまえ)
あなた
レイ…
レイ
レイ
バカ
レイ
レイ
痛むなら早く言えよ
レイに怒鳴られビクッと肩を震わす
(なまえ)
あなた
それは…レイ達に迷惑かけたくなくて…
レイ
レイ
迷惑なんて思ってない
レイは私の手をぎゅっと握る
レイ
レイ
俺はお前が苦しむ方が嫌なんだよ
レイ
レイ
あいつらだってそう思ってる
レイ
レイ
辛いからそこ俺達を頼ってくれ
レイ
レイ
1人で抱え込まないでくれ
私の頬に温かいものが流れる
(なまえ)
あなた
ごめんなさい…
レイ
レイ
俺も怒鳴って…悪かった
ポンポンと頭に手を置かれさらに涙が溢れる
落ち着いた所でエマ達が来た
レイ
レイ
悪いな2人共
エマ
エマ
うんんっ
ノーマン
ノーマン
もうそろそろ帰ろう
こくりと私は頷く
レイ
レイ
待て、お前足痛めてるだろ?乗れ
レイが背中を出す
まぁいつもの私なら断りますけどね
今日はいいよね
(なまえ)
あなた
ありがとう
私は体をレイに預けた










今回少し長かったですね💦
私優しくされるとますます泣いてしまうんですよね笑