無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

もしもあなたが自殺するとわかっていたら。

ノンジャンル

もしもあなたが自殺するとわかっていたら。

1
0
6
2020/01/02
連載中
「寝坊したー!」私は慌てて家を出た。私の名前は川凪 凛。普通の高校生。今日は、高校の入学式!楽しみだなぁ。そう思っていたらあっという間に学校に着いた。教室に入ると私は自分の席に座った。「ねぇねぇ、名前なんて言う?」突然質問をしてきた人がいた。

「川凪凛だよ!よろしく。」「私は佐藤こはる!よろしく。」私達は時間になるまで話していた。
「お前ら席につけー」「はーい」私は自分の机の中を見たら、何か入っていた。

「なんだろこれ?」私は1枚の紙を手にとった。手紙だった。その内容は…

[あなたのクラスの中の1人が、1ヶ月後自殺する]
「え?」
下にはもう1文書いてあった。
[お願い。その人を止めて。]どうゆうこと?私はこの1ヶ月その人を見つけなくてはならない。

チャプター

全2話
続きから読む
並び替え
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る