無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

___☆
放課後__
俺は先生に呼び出された。

あなたとクレープ食べに行く約束をしてたのに⋯

しょうがないから友達のソリョンにあなたに行けないって伝えてもらうことにした。

だけど俺なんか悪い子としたっけ?


不安ながらも先生の所に行くと
スニョン
スニョン
あの、話ってなんですか?
先生
実は、スニョンのダンスを見た事務所がスニョンを是非我々の事務所に入ってほしいという電話が来た。
先生
その事務所は実は今通ってるこの高校からすごく遠いらしい。
先生
だからもしその事務所に入るとしたらその事務所から近い高校に通ってもらうことになる。
それを聞いてすごく嬉しかった。

俺のダンスを認めてくれる人がいてくれて。


でもその反面あなたとはもう会うことは出来なくなるかもしれない。
スニョン
スニョン
ちょっと⋯⋯時間もらってもいいですか?
先生
ああ。返事はいつでもいいって言ってたからよく考えてくれ。
スニョン
スニョン
はい⋯⋯
1回、あなたに相談してみようと思う

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

はむ
はむ
こんにちは、はむです。 先にフォローしてもらたら嬉しい限りです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る