第85話

終わりが見える
594
2023/06/01 12:26
よっぴ〜(鳥)
よっぴ〜(鳥)
"  恒信風   "
よっぴ~(鳥)視点




俺らのボールバトンが、 大きな風に巻き上げられる。


馬鹿みたいに圧力の強いこの風に巻き込まれる。




俺らの手から離れたボールは、この風に乗って運ばれる。




俺が気を抜いたら、ここまで運んできた努力が… 、終わるんだ 。



皆がなんか言ってる。


悪い顔してないから、褒めてくれてるんでしょ?




日常組の皆さんなんて、めっちゃびっくりした顔してんじゃん。





ただもう、みんなの声聞いてる余裕なんてない。




集中しないと、圧力が弱まったらボールは爆発する。



ルートがずれたら、風のまとまりが緩んでボールが途中で落ちる。





ぎりぎりなんだ。



俺にかかってる。





俺史上、1番の集中力かもしれん。






集中しすぎて倒れそう。



それとも、これが魔法の使いすぎって言うのかな、?






どちらにせよ、倒れるわけにはいかない。




周りの音が聞こえなくなってきた。



視界が眩む 。



俺が集中してるからこうなるだけ。



絶対魔力切れなんかじゃねぇから、




そう自己暗示して、ゴールまで運びきった。





やっと、クリア出来たよね。




やった、 やったよみんな






…なんでみんなそんな浮かない顔してんの?




何を叫んでんの?







なんで、みんな泣きそうなんすか…





答えがわかる前に、 そっと瞼を閉じてしまった。

プリ小説オーディオドラマ