無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

13
2021/07/27

第4話

合間の日常
初日を終えて全寮制である。
自分たちの部屋を確認しに行くと…
ヒタチ・イズル
ヒタチ・イズル
広いけど1部屋みたいだね
(なまえ)・ローズ
あなた・ローズ
きっと絆を高めるためよ
イリエ・タマキ
イリエ・タマキ
さっすがお姫様〜!
ナイス正論なのら〜
アサギ・トシカズ
アサギ・トシカズ
お姫様扱いはするなって言われてるだろ
イリエ・タマキ
イリエ・タマキ
あ、そうだった〜
クギミヤ・ケイ
クギミヤ・ケイ
ベットは個々に有るみたいね
(なまえ)・ローズ
あなた・ローズ
一応間仕切りカーテンもあるわね
アサギ・トシカズ
アサギ・トシカズ
でもプライベートに休めないな
ヒタチ・イズル
ヒタチ・イズル
僕は素を見せるのもいいと思うけど…
スルガ・アタル
スルガ・アタル
そうそう!仲良くやっていこーぜ!
アサギ・トシカズ
アサギ・トシカズ
ぅ…胃が痛い
アサギはイズルは近所の幼なじみだから良いとして
ほかは会ったばかりだし
あなたは正体がお姫様だし
メンタル面が弱いため胃痛してるようで
そのあとあなたをチラ見すると心拍数が上がりドキドキした。
アサギ・トシカズ
アサギ・トシカズ
いや、まさかな
恋心抱いたのは気のせいにしてつぶやく
ヒタチ・イズル
ヒタチ・イズル
ねぇ!あなた!僕、漫画書くのが好きなんだ!
読んでくれるかな//?
イズルも恋心の自覚は無いが
咄嗟にあなたに話し掛けて
自分の趣味を語りだす
(なまえ)・ローズ
あなた・ローズ
あら、私も漫画を趣味で書いてるのよ
気になるわ
ヒタチ・イズル
ヒタチ・イズル
え!!ほんと!?
イズル的には同士に会えたのが
嬉しすぎる顔をして
スケッチブックをキラキラした目で
渡すとあなたはそれを受け取った。
(なまえ)・ローズ
あなた・ローズ
ふむふむ。。。
ヒタチ・イズル
ヒタチ・イズル
どう?
(なまえ)・ローズ
あなた・ローズ
んー微妙。なによりデッサンがなってない
ヒタチ・イズル
ヒタチ・イズル
…そうだよね…
じゃあ、次はデッサンの練習だね!
アサギ・トシカズ
アサギ・トシカズ
……イズルのやつ。。
羨ましいくらいフレンドリーだな
楽しそうに話す2人を見てアサギは羨ましそうだった。