無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

あなたside





阿部「塾の自習室行くからそんな気にしなくていーよ」


『や、別に気にしてないよ』←





阿部「どうしても気にしちゃうって言うんだったらハーゲン奢ってよ」←






『ねえ日本語わかる?』←





なんだかんだ普通に話せたので良かったです



阿部が気使ってくれたのかなとか思って



なんだかんだ良い奴やんこいつ()ってなった










最寄りついたなう



『てかもう受験勉強してるの?』


阿部「だって3年間ってすぐじゃん」




『ええそうかもだけど青春アミーゴなうなうだよ?』←




阿部「あなたってさ頭いいのに馬鹿だよねw」



『だまれ!』









頭いいのに馬鹿ってなによ!






阿部「あ、俺コンビニ寄りたい」



『ハーゲン買わないよ?』


阿部「ハーゲンじゃなくて夕飯」




『あーでも駅のコンビニのおかず美味しくないじゃんん』




阿部「そんな事言うなよw」




『この前あったセブンで買えばいーじゃん』


阿部「あそっかそうする」




『セブンしか勝たんだろ』











続きます



----------------------------------






青春アミーゴなうなうってなに←