無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

725
2020/08/13

第8話

あの日、教科書を見せたのは間違いだったのかもしれない…

もう二度と関わるものかと決めて登校した翌日


「シャーペン貸せよ」


と言われ、その口調の恐ろしさに私のあの決意も虚しく貸す羽目になり

結局1ヶ月以上経った今でも


「資料集」


『…はい』


毎日…いや、毎時間机をくっつけて授業を聞いている

とは言っても、本人は授業を聞く気などはなからないらしく、ボーッと黒板を見ているだけ

なんのためにこんなことしてるんだか

ていうか

割と偏差値の高いこの高校になんでこの人は入学できてるの?