無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第118話

【記憶の中の少女】2話
前回のお話を見てもらうとわかると思うんだけど,私虐められてまーすっ!((


クラスの女子にね


まぁ男子じゃないだけマシよ


私,自称男性恐怖症だからさ


ここ大事自称だからね?!


ただ男子に近付くと震えたり,ちょこっと目眩がするくらいっ!


虐められてる理由はね〜……前に虐められてた子が不登校になったから


え?わかりづらい?


んーっと……つまり,私は前の玩具係の子の代理って訳ね


ってか,まじで寒いんだけど…


はぁ…早く代わりの制服に着替えたい……


ガラガラッ
クラスメイト
クスクスクス…
クラスメイト
馬鹿聞こえるって!w(小声)
あなた

??……

あぁ〜…ね


忘れてた。そう言えばこう言う事もされてたな〜…


駄目だ記憶力が低下してる……


ガチャンッ
あなた

……っ………

タタタタッ
クラスメイト
クスクスクス
あー私って演技上手〜い!


迫真の演技だわ


体操服が切られて,泥まみれになってる事なんて既に経験してる事だから,うんともすんとも思わねぇよ


あ,お母さんに貸してもらおっと♪


あー…私のお母さんね,ここの学校の先生なんだよね


んー……先生と言うか…直接言うと──


ガチャッ


理事長?
あなた

お母さんやっほー

理事長
?!……あなた…どうしたのよ…その格好……
あなた

うーん……濡れた

理事長
そんなの見たらわかるわよ!何をされたの?!
あなた

学校に来てる間に水やりしてる家があって私が通った時丁度水を出して…って感じ

理事長
はぁ……謝って貰えたの?
あなた

うん
あ,代わりの制服貸して〜

理事長
はいはい…
ふぅ……


危ない危ない


私って嘘が上手いね〜…


ちょっと嫌んなっちゃう
理事長
はいどうぞ
あなた

ありがと

ガチャッ
あなた

じゃあばいばーい

理事長
気を付けるのよ〜…
あなた

はーい

バタンッ


あ,そっか


さっき───が来たから,今日転校してくるのか…


ガラガラッ
先生
えー…今日は転校生がやって来ている
入っていいぞ
先生の合図があってすぐ,教室の扉が開き6人の男子が入ってきた
クラスメイト
………キャァァァァ!!
クラスメイト
え,イケメン!イケメンだわ!
クラスメイト
チッ…男かよ〜
先生
はい静かにしろよ〜…じゃあ自己紹介頼む
??
桃原ももはら 智美さとみです
??
紫乃しの 七森ななもりです!
??
橙山とうやま 志江留しえるです!
??
青城 古論あおき ころんでぇす
??
赤木 莉犬あかぎ りいぬです…
??
黄野山きのやま 瑠羽斗るうとです!
あ,やっぱり
先生
じゃあ〜…席替えするか!
クラスメイト
わぁぁぁぁぁ!先生神!
クラスメイト
青城くんの隣,青城くんの隣……
あー……そっかこれで囲まれたのか…


先生ぃぃぃぃい!ちょっとありがた迷惑ですね!?