前の話
一覧へ
次の話

第1話

短いよ
136
2021/02/13 11:52
僕は、朝
何時も友達を迎えに行かないといけない
切原  赤也
切原 赤也
サンキュ!
天宮  稲悟    アマミヤ  イチゴ
天宮 稲悟 アマミヤ イチゴ
今日、仮入部の日でしょ?僕もマネージャーになりたいから早く行こう
切原  赤也
切原 赤也
へいへい
そして、学校に着く
天宮  稲悟    アマミヤ  イチゴ
天宮 稲悟 アマミヤ イチゴ
じゃあ、僕はマネージャーの試験あるから
切原  赤也
切原 赤也
マネージャーも?!
そして、部室でマネージャー志望の人を全員集まらせた先輩、どうしようだいたい女の人だ!
仕事の覚えで、マネージャーを決めるらしいけど
大丈夫かな?
そして、赤也が試合している間ずっと、マネージャーの仕事をこなして3日後
先輩
では、マネージャを発表する!!
僕は、合格できるかなぁ?
先輩
天宮  稲悟
やった!!
でも、次の言葉は問題発言だった
先輩
以上だ
え?!1人?!
モブ
モブ
ちょっと待ってよ!!なんでよ!!私ちゃんと仕事したじゃない!!
そうですよ、してたはずだよ
先輩
お前らはレギュラー人だけだ、だが天宮は、きちんと、ほかのメンバーにもドリンクなどを渡して、相手のドリンクのうすさの好みまで聞き、差し入れまで入れてくる
当然だと思うけど、相手のプロフィールとか、ステータスが見えるから、相手が疲れている時はだいたい分かるし
てか、先輩ちゃんと見てくれてるね
そして、先輩に言われて落ち込んだのか他の女性は去っていった
天宮  稲悟    アマミヤ  イチゴ
天宮 稲悟 アマミヤ イチゴ
よろしくお願いします
先輩
ああ
そして、僕は、コートを見ると
天宮  稲悟    アマミヤ  イチゴ
天宮 稲悟 アマミヤ イチゴ
赤也?
親友が悪魔化していた
HPが人より上になってる
天宮  稲悟    アマミヤ  イチゴ
天宮 稲悟 アマミヤ イチゴ
赤也!!
開眼した
切原  赤也
切原 赤也
っは!!
うん、相手のボールが顔面アタックして試合終了
そして、僕は1つ疑問ができた
天宮  稲悟    アマミヤ  イチゴ
天宮 稲悟 アマミヤ イチゴ
先輩!
先輩
ん?
天宮  稲悟    アマミヤ  イチゴ
天宮 稲悟 アマミヤ イチゴ
この学校、兼部出来ますか?!
先輩
あ、ああ
天宮  稲悟    アマミヤ  イチゴ
天宮 稲悟 アマミヤ イチゴ
分かりました!!失礼します!

そう言って、すぐに、調理部と茶道部、文学部に行った
そして、戻ってきた赤也は
切原  赤也
切原 赤也
あれ?稲悟?
僕を探していた
そして、僕は、帰る時には、テニス部マネージャーと、共に、調理部部長、茶道部副部長、文学部時期部長になっていた

プリ小説オーディオドラマ