プリ小説

第57話

(@♡▽♡@)
れん
れん
みほ、とりあえずお風呂はいってきな
緋山美帆子
緋山美帆子
うん……
れん
れん
何があったんだろ……あなたに電話しよ
プルルルプルルル
れん
れん
もしもし、あなた?みほが公園で泣いてたんだけど何か知らない?
藍沢耕作
藍沢耕作
俺だ。いまあなたはお風呂に入ってる
事情は緋山から聞いてくれ
明日の結婚式は絶対に行くから
れん
れん
分かった。じゃあね
緋山美帆子
緋山美帆子
れん、話聞いてくれる?
れん
れん
もちろん
緋山美帆子
緋山美帆子
« 詳しくは1つ前の小説をみて»
れん
れん
そっか。それはあなたが悪いね。
でも、俺も悪い
緋山美帆子
緋山美帆子
なんで?なんでれんが悪いの?
れん
れん
みほを安心させるような夫になれてないから
緋山美帆子
緋山美帆子
そんなことない!私はれんに出会えて良かったし、これからもれんがいないと私生きていけない
れん
れん
ありがとう、そんなふうに思ってくれて
緋山美帆子
緋山美帆子
あー、明日結婚式あなた来てくれるかな?
れん
れん
大丈夫、あなたは絶対に来るよ
だってあなたみほのこと大好きだから
明日に備えて今日は寝よう!
緋山美帆子
緋山美帆子
うん

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

haruka🌼
haruka🌼
よろしくお願いします