無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

過去 天月side
天月side
まふ君そらるさんと会うまであんなに学校嫌そうにしてたのに...
なんか凄い楽しそうじゃん
天月
天月
まふ君僕ら1年A組だって~
まふまふ
まふまふ
それでですね彼方さん!!
天月
天月
って聞いてないし、まふく...
まふまふ
まふまふ
あっねえちゃんと聞いてますか~⁉
天月
天月
(T^T)
そらる
そらる
ねぇさっきからずっと翔が真冬に話しかけてんの分かってる?
まふまふ
まふまふ
えっ
そうだったんですか!
天月
天月
彼方さーん(*´;ェ;`*)
そらる
そらる
うん
ドンマイ( *´・ω)/(;д; )
まふまふ
まふまふ
ごめんなさい
全然気づかなかった
天月
天月
もういいよ
そらる
そらる
で、二人とも同じクラスなんだ
よかったな
まふまふ
まふまふ
ですね!翔君がいなかったら死ぬとこでした
天月
天月
よく言うよ
そらる
そらる
まぁその通りだなww
そらる
そらる
ちなみに俺は2年B組だから
天月
天月
了解です(^-^)/
まふまふ
まふまふ
えっじゃあ放課の度に遊びに行こうかな
そらる
そらる
やめろ。
お前が言うとやたらと現実味があってホントに来そうww
天月
天月
えー怖ー
そらる
そらる
...そろそろかな?
じゃあ、また後で
天月
天月
はーい
まふまふ
まふまふ
彼方さん、帰るときも一緒ですからね!
約束ですよ!
そんなまふ君に苦笑いしながらそらるさんは2年生のフロアへ行った
そらるさんと別れた僕らはA組の教室に入った。
天月
天月
(えーと、席は...あったあった窓側の最前列か)
天月
天月
まふ君席はどこだった?
まふまふ
まふまふ
廊下側の最前列
天月
天月
結構離れたね
まふまふ
まふまふ
( ;∀;)
天月
天月
ま、まぁなんとかなるよ!
担任の先生らしき人が教室に入ってきたので席につく。
その時ふと一番後ろの席の女の子に目がいった
僕らが教室に入ってきたときもずっと外を眺めていた
何故かその子に興味がわいたので後で声をかけてみようかな?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆず
ゆず
よろしくお願いします🙇 誤字脱字等あると思いますが、頑張ります あと、一応受験生です。勉強の関係で、投稿が一時的にできなかったり、遅くなることもあると思いますが、大目に見てもらえると幸いです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る