無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

6Part1
あなたside


午後は、永瀬さんか。

な、なんとなく、だけどあまり好かれてない気がする。。。。



会社にもいたな、そういう人。どんな風に接して仲良くなったんだっけ?

昔から怖く思われがちだったから、たくさん笑顔でなるべく優しく声を掛けるように意識しよ。
永瀬廉
永瀬廉
じゃあ、とりあえずあなたさんの部屋で午後何するか話すから部屋行こか。
あなた

はい!

早速キラキラスマイルを心がけてみた。
一瞬、目が見開いた気がしたけど反応なし。


やっぱ、普通に嫌われてるのかな。
永瀬廉
永瀬廉
はい、じゃあ、この紙見て
あなた

これは_____ですか?

永瀬廉
永瀬廉
うん、そうやね。
永瀬廉
永瀬廉
あと、は、、


料理の特訓やって、ご飯食べて、お風呂入って寝るだけやな。
あなた

わかりましたー!色々説明して下さってありがとうございます.*・゚ 

永瀬廉
永瀬廉
いいえ。あ、あの、、
あなた

は、はい、、、

永瀬廉
永瀬廉
まだあって間もないし、お嬢様なのにこんなこと言うの失礼かもしれんのやけど、、
それってわざとやってるん?
あなた

え、、。
や、やっぱへ、変でしたか?す、すみません。

やっぱ、過剰に笑顔にしたり喋り方丁寧にしたりするのやだったんだ。
あなた

わ、私永瀬さんにき、嫌われてると思って頑張って好かれようと思って、過剰に笑顔やったり、、、嫌でしたよね。ごめんなさい

永瀬廉
永瀬廉
え?、、いや、そのことやないで。俺だけじゃなくて紫耀とか玄樹とかに喋る喋り方とかのことやで?
あなた

そ、そうなんですか?わ、私てっきり今のことを言われてるとばかり。。
あと、そんなに変な喋り方してましたか?方弁?いや、東京生まれだしな、、、

永瀬廉
永瀬廉
ははっ。もうええわ!笑
ごめん、疑って。全然そういう人やなかった。ごめんな。
あなた

そういう人?

永瀬廉
永瀬廉
そう。今までここに来る人は、色目使って俺ら騙して、、、はっきり言うと最悪やった。
けどあなたさんは、違った。嫌ったりしてへんよただ、正直疑ってた、ほんとごめんな、。
あなた

そ、そっか、、よかった!
何かして嫌われてるんじゃないか、ってずっと怖かった。よかったよー、、

永瀬廉
永瀬廉
え、えぇー。、泣かんで!ごめんな。怖かったよな。。
あなた

いいえ、ごめんなさい。嬉しかったので、、

永瀬廉
永瀬廉
じゃあ、とりあえず仲直りの印って別に喧嘩してたわけちゃうけど笑
名前で呼ぼ?あと、ハグ。
あなた

はい、、廉、、くん。
で、なんでハグ??

永瀬廉
永瀬廉
だって、、、じんにやってたやん//
あなた

やって欲しいの?

永瀬廉
永瀬廉
コクッ
あなた

はい、、!

ふふっ。かわいい。


よかった。やな人じゃなくて、、

永瀬廉
永瀬廉
ありがとう、、な。

じゃあ、ご飯作りに行くでー!
あなた

はーい!