無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

471
2020/02/24

第3話

楽 屋
あなたside



こんにちは こんばんは おはようございまぁぁぁぁぁす!!
どーも!! ファンサマシーンこと竹下あなたでぇすぅぅぅぅぅぅ!!((
ねぇ。みんな。あなた達の楽屋見たくない? ねー。そうだよね。見たいよね!!((
せっかくだから、ちょーっとお見せしちゃう🌟🌟
じゃ、お楽しみにぃ~!!


松村「ねぇ。あなた誰に向かって喋ってんの?w」

『え!!聞こえてる??w』

松村「がんがんw」

『あっ。…うん。… ひ み つ 💗』

松村「え。きも。」

田中「あぁ!!何言ってんの?? あなたきもくなぁい。やめて??」

京本「そうだよ。あなたは、可愛いんだから。」

末ズ「そうだよ。何言ってんの北斗。」

松村「え。俺そんなみんなから言われる!?w やなんだけどww」

すと-ほくじぇこち「ꉂ(ˊᗜˋ*)ヶラヶラ」

ジェシー「AHAHAHA」

すと-こちじぇ「うるさい!!w/うるせぇw」

『で。樹のペンギン元気??』

田中「だから飼ってねぇw」

ジェシー「来る前にちゃんと、エサあげた??」

田中「だから飼ってねぇw」

森本「ちゃんとカツあげてきた??」

田中「だから飼ってねぇし、あげたらダメだろw」

松村「樹のペンギンいじりいつまで続くかな。」

田中「もう、良いだろw」


『こんなうるさくても寝てるこーち凄いよね。w』

髙地「Zzz… _(*´﹃`*_ )_」


どう?? 面白かった??w
いっつもこんな感じでカオスだよw
じゃっ、また会おうね~!!
せーのっ…ずどんっ✊
。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* 
↓💖5で次のお話💎