前の話
一覧へ
次の話

第1話

やっと見つけた。
2,052
2019/08/04 02:34
それは、私が「愛」を知ったあの日のような、雨の日だった。
さとちゃんの親
あなたなんか、産まなければよかった!
さとちゃんの親
…さようなら。
そんな声が聞こえてきて、何事だと細い裏道を覗こうとした時。
さとうちゃん
いや!行かないで!おかあさん!
…!!この声!
甘く、愛が伝わってくる優しい声。
すぐに分かった。私の愛する、あの人の声。
急いで裏道に向かう。
さとうちゃん
う…ぐすっ( ᵒ̴̶̷̥́ ^ ᵒ̴̶̷̣̥̀  )
すると、そこには可愛らしい女の子がいて、泣いていた。
!!!さと…ちゃん?
間違いない。この子は、さとちゃんの生まれ変わりだ!
私は、さとちゃんに近づく。
そして、さとちゃんに傘をさして言う。
しおちゃん
さとちゃん…?
さとうちゃん
…!あなたはだぁれ?
しおちゃん
私は、しお。神戸しお。
さとうちゃん
しお…ちゃん?
しおちゃん
そう。
しおちゃん
ね、さとちゃん、私と一緒に暮らさない?
さとうちゃん
…!いいの!?
しおちゃん
うん。もちろんだよ(*^^*)
さとうちゃん
行く!しおちゃんと暮らす!
そう言って、私達は手を繋いでお城へ向かう。
やっと…見つけた。
これでまた、2人で暮らせるね。
こんにちは。私のハッピーシュガーライフ。

プリ小説オーディオドラマ