無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

9話 高木雄也
次は高木さんだったと思うんだけど……
高木雄也
高木雄也
あなたちゃんだっけ
よろしく
あなた

はい
よろしくお願いします

高木雄也
高木雄也
大丈夫?
目の下クマがあるけど?
あなた

大丈夫です……
大丈……ぶ、です…か…ら

ドサッ

私はそこで意識を手放した
高木雄也
高木雄也
あなたちゃん大丈夫?
倒れちゃって
俺が保健室まで運んだんだよ
あなた

すみませんでした
いろいろありがとうございます

高木雄也
高木雄也
今出れないよ?
鍵かかってるから…
あなた

え…?

高木雄也
高木雄也
だから病人は寝てなさい
ついでに、
これ以上うろちょろするなら
襲うからね?
あなた

わかりました……
寝ます。

高木雄也
高木雄也
よろしい
そう言って高木くんは、頭を撫でてくれた
案外、優しい人?

途中から気持ちよくなって寝てしまった。
高木雄也
高木雄也
寝顔……
可愛い… チュッ
おでこにkissして彼は保健室から出ていった
(保健室の鍵が閉まってる
っていうのは雄也の嘘です/by作者)

目が覚めると枕元にメモが置いてあって
寝顔可愛かったよ
あなたちゃんに一目惚れしちゃったから
リアル恋愛ゲーム終わっちゃったね、
友達として接してくれると嬉しいな!
と書いてあった…

ということは、次は裕翔君

☆.。.:*作者の独り言.。.:*☆
作者(Syuri)
作者(Syuri)
本当に申し訳ございません
メインのはずのJUMPが全く出てきてませんよね…
すんません
最終的には、山田涼介さんとくっつけようと思っています!
りー君についても続々発表したいと思っています。
さらに新作を出そうと思います!
前世?で引き裂かれた者達の話にしようと思います。
イメージは、かぐや姫続編?みたいな感じで!
それでは、またご贔屓(ひいき)にお願いします