無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
206
2019/12/13

第8話

序章💧君に聞いた物語*7
あなた

あの景色。
あの時私が見たものは全部夢だったのかもしれないけど__

と、かつて彼女は俺に語った。

でも、夢ではなかったのだ。
俺たちは今でもそれを知っているし、俺たちはその後、
ともに同じ景色を目の当たりにすることになる。

誰も知らない空の世界を。
彼女とともに過ごした、

あの年の夏。
東京の空の上で俺たちは、

世界の形を決定的に変えてしまったのだ。