無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第42話

@
部屋につくとフトンにうずくまって過呼吸を起こしているグク













『ぐう!』







『ごめん!大丈夫だよ』







いつもと同じと思っていた








でも、いつもとは違った










グイッ





『うわっ』








グクに引っ張られてベットの上









私の上に跨るグク









そして、私の首に手が伸びてくる





















🐰「どうしてっ……ヒッ、置いてかないで……ひとりにしないで…離れてくの?…ヤダヤダヤダヤダ!!……ね、あなた?なんで?なんで?なんでだよッ……!」







いつもより











もっと、もっと、酷く










私は私のしてしまった罪を















大きなことだと気づいて、後悔した












🐰「ジミニヒョンがいいのッ?俺じゃダメなの?俺、あなたじゃないとダメだよッ……」










🐰「もし離れていくなら、ここにいさせるしかッ……」














『……グクッ』












グクは私の首に当てている手に力を入れた










シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

lia@
lia@
#보라해 #紫してる #アミしてる フォローしてぇぇえ 結構寂しがりw←自分で言うとかキモイね 今思うこと 사랑해요 ポゴシプタ 私に人生のときめきをくれた人 色をくれてありがとう 周りにはそれだけ?って思うようなことでも、喜べるし、泣ける #so what #Magic Shop #lights
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る