第41話

#40
594
2021/08/19 15:28
そのまま手を繋いで
そこからタクシーに乗って玲於のおうちへ向かった
トコトコトコトコッ
ガチャン
佐野玲於
佐野玲於
入っていいよ
花巻あなた
花巻あなた
お邪魔しまーす
花巻あなた
花巻あなた
ひろーい…素敵なおうちだ笑
佐野玲於
佐野玲於
笑笑
花巻あなた
花巻あなた
お邪魔します☺️
佐野玲於
佐野玲於
それ二回目な笑
花巻あなた
花巻あなた
あっ、笑笑
佐野玲於
佐野玲於
いいから笑
花巻あなた
花巻あなた
笑笑
私は靴を脱いで部屋の中に入った



綺麗な家具と
綺麗な床と

色々眺めてたら私がぶつかりそうになったから
それを玲於くんが支えてくれた


そしてまた怒られた笑



佐野玲於
佐野玲於
笑笑
花巻あなた
花巻あなた
笑笑
佐野玲於
佐野玲於
適当に座ってて笑
花巻あなた
花巻あなた
はーい笑
佐野玲於
佐野玲於
飲み物お茶でも大丈夫?
花巻あなた
花巻あなた
大丈夫だよ!
佐野玲於
佐野玲於
おっけ、持ってく
花巻あなた
花巻あなた
ありがと☺️
玲於くんがお茶の入ったコップをふたつテーブルに置いた
佐野玲於
佐野玲於
はいっ
花巻あなた
花巻あなた
かわいいコップ笑
佐野玲於
佐野玲於
あっこれさ、
花巻あなた
花巻あなた
んー?
佐野玲於
佐野玲於
あなたちゃんと使う用に買った
花巻あなた
花巻あなた
え?ほんとに!?
佐野玲於
佐野玲於
うん笑
佐野玲於
佐野玲於
喜んでもらえた…?
花巻あなた
花巻あなた
当たり前じゃん!
佐野玲於
佐野玲於
よかった…
花巻あなた
花巻あなた
ありがとね、玲於くん!
その言葉と同時に私の体が玲於の座ってる方に移動して…



佐野玲於
佐野玲於
おっ
花巻あなた
花巻あなた
わっ
お互いの顔がすぐ目の前に
その時…




チュッ…
花巻あなた
花巻あなた
?!
玲於の唇が私の唇に
そっと
優しく
触れた


ちょっと恥ずかしかったけど
素直に受け止めた
その唇は一瞬で離れちゃったけど
私はすごく嬉しかった


花巻あなた
花巻あなた
…玲於…
佐野玲於
佐野玲於
好き、大好き
そう言って私を抱きしめた
私も抱きしめ返した
玲於の手が


私の頭を包みながら



髪の毛を撫でる



そんな感じ


佐野玲於
佐野玲於
笑笑
花巻あなた
花巻あなた
ん?笑
佐野玲於
佐野玲於
いきなりでびっくりしたでしょ?笑
花巻あなた
花巻あなた
かなりね笑
佐野玲於
佐野玲於
好きすぎて、笑
花巻あなた
花巻あなた
私も玲於のことちゃんと好きだよ
佐野玲於
佐野玲於
ありがと
また素っ気ない態度に戻っちゃったけど、そこも好きなんだよね私笑

辺りも暗くなってきたし、
今夜は玲於くんのおうちに朝までいられるかな…?なんてね



佐野玲於
佐野玲於
あのさ
花巻あなた
花巻あなた
あっうん!なに??
佐野玲於
佐野玲於
今夜泊まってくでしょ?
花巻あなた
花巻あなた
え?
佐野玲於
佐野玲於
さっき言ったよね?笑
花巻あなた
花巻あなた
そうだっけ?あ、そうか笑
やっと思い出したあなた
佐野玲於
佐野玲於
泊まるなら、俺の服貸すけど、平気?
花巻あなた
花巻あなた
あっうん全然!むしろありがたい笑
佐野玲於
佐野玲於
笑笑
佐野玲於
佐野玲於
その前にさ、
花巻あなた
花巻あなた
???
佐野玲於
佐野玲於
…腹空かね?笑
花巻あなた
花巻あなた
笑笑笑笑
佐野玲於
佐野玲於
笑笑
花巻あなた
花巻あなた
確かにお腹すいた笑
佐野玲於
佐野玲於
ピサでも取る?
花巻あなた
花巻あなた
え!ピザ…🤩
佐野玲於
佐野玲於
選んでいいよ笑
花巻あなた
花巻あなた
やった!笑
たくさんのピザを玲於くんにとっもらうことになった
佐野玲於
佐野玲於
こんなに笑
花巻あなた
花巻あなた
一緒にシェアして食べれるかと…笑
佐野玲於
佐野玲於
そういうことね笑
花巻あなた
花巻あなた
え、まさか私一人で全部食べると思ったの?笑
佐野玲於
佐野玲於
うん笑
花巻あなた
花巻あなた
ちゃうわ!笑
佐野玲於
佐野玲於
すいません笑
花巻あなた
花巻あなた
別にいいけど?笑
佐野玲於
佐野玲於
笑笑
花巻あなた
花巻あなた
笑笑
花巻あなた
花巻あなた
あ、お金…
佐野玲於
佐野玲於
俺出すからいいよ
花巻あなた
花巻あなた
いいの?
佐野玲於
佐野玲於
👍
花巻あなた
花巻あなた
ありがとう☺️



ピザを注文して、来るまでに色々なことを話した


花巻あなた
花巻あなた
玲於…本当にありがとう
佐野玲於
佐野玲於
なにが?
花巻あなた
花巻あなた
色々と
佐野玲於
佐野玲於
こっちこそ感謝することたくさんだよ
花巻あなた
花巻あなた
ほんと?
佐野玲於
佐野玲於
ほんと
花巻あなた
花巻あなた
それと
佐野玲於
佐野玲於
それと?
花巻あなた
花巻あなた
大好き☺️
佐野玲於
佐野玲於
…おう
花巻あなた
花巻あなた
ねぇ今照れた?笑
佐野玲於
佐野玲於
照れてねぇよ笑
花巻あなた
花巻あなた
照れたでしょ笑
佐野玲於
佐野玲於
はいはい笑
花巻あなた
花巻あなた
ふーん笑
佐野玲於
佐野玲於
なんだよ笑
花巻あなた
花巻あなた
笑笑
佐野玲於
佐野玲於
笑笑
それからもっともっと
もっともっと
たくさん話した


またピザが届いて食べながら、
飲み物を飲みながらも
ずっと

沈黙は一度もなかった
ご飯を食べ終わってからも

お互い自然に笑いながら
もっとたくさん話した





花巻あなた
花巻あなた
あ~話しすぎた笑
佐野玲於
佐野玲於
俺も笑
花巻あなた
花巻あなた
明日は顔の筋肉痛になる笑
佐野玲於
佐野玲於
だな笑
佐野玲於
佐野玲於
あっ先にシャワー浴びてきていいよ
花巻あなた
花巻あなた
いいの?
佐野玲於
佐野玲於
俺の服、風呂場に置いてあるならそれ来てっ
花巻あなた
花巻あなた
ありがと☺️
花巻あなた
花巻あなた
じゃ、お先に失礼しま~す笑
佐野玲於
佐野玲於
早く行け笑
花巻あなた
花巻あなた
笑笑
佐野玲於
佐野玲於
笑笑


笑いながら私はお風呂場へと向かった
玲於くんの

私には大きすぎる服が置いてあった

これならミニワンピみたいだから
ズボンとか歯履かなくて良さそうかな?笑

まっ来てみてのー、だね


自分の服を脱ぐと、腕に傷があった
まっ、事故の時のね
それを見るたびに
事故の瞬間を思い出してしまう
それが一日も長引くこともある
だけど今日は玲於がいるから
なんとか乗り越えられそう
大丈夫


私はそこから15分くらいでシャワーを浴び終えた
色々時間がかかるのは女の子だし、ね、しょうがないもん笑


歯磨きもしたし、

髪もほどほどに拭いたし笑

おっけい!笑


そして玲於の服を来て、
玲於のいるリビングに戻った
 


案の定、ワンピースみたいになった笑





花巻あなた
花巻あなた
玲於ー、戻ったよー
佐野玲於
佐野玲於
笑笑
佐野玲於
佐野玲於
下履かなくていいんだ笑
花巻あなた
花巻あなた
だってほら笑
佐野玲於
佐野玲於
ま、可愛いならいんじゃね笑
花巻あなた
花巻あなた
なに?!
佐野玲於
佐野玲於
なんだよ笑
花巻あなた
花巻あなた
今可愛いって言った?!
佐野玲於
佐野玲於
言ったよ?笑
花巻あなた
花巻あなた
もう一回ちょーだい?
佐野玲於
佐野玲於
嫌だ笑
花巻あなた
花巻あなた
えーそんなこといわずにさぁー?
花巻あなた
花巻あなた
笑笑
佐野玲於
佐野玲於
またあとでな、飽きるくらい言ってやるから
花巻あなた
花巻あなた
はーい
飽きるくらい?
それっていつ?
今日?
まぁいいや
佐野玲於
佐野玲於
俺も浴びてくる
花巻あなた
花巻あなた
あっうん
佐野玲於
佐野玲於
じゃーねー
花巻あなた
花巻あなた
はーい👋
そこから10分くらいで玲於くんもシャワーから戻ってきた





花巻あなた
花巻あなた
おかえり~
あれ、なにも答えてくれないじゃん


さみしい!!笑
聞こえなかった?
ならもう一回…!


私は玲於の前に経った
花巻あなた
花巻あなた
おかえr…?!?!
玲於くんが目の前にいるのは確かなんだけど、この今の状況。 




また玲於の唇が私の唇に触れた





それはさっきよりも長くて





深いものへと変わっていった





花巻あなた
花巻あなた
玲於…?
佐野玲於
佐野玲於
もう一回…




また唇が重なった







今日はもう、玲於に私を委ねるしかないかもっ、…

プリ小説オーディオドラマ