無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第30話

肥料になってくれたみんな
あにょはせよ










チャンディです。










今回は読者ニムにあんにょんしにきました。










私が最近浮上してなかったのきずきましたか?










やっと最近プリ小説に依存しなくなりました。










この調子で🐢更新になろうと思ったんですが、もう1つ理由があって…。










実は私「昔のプリ小説へ」このタグが嫌いでした。










ここはあくまでもネット、「死にたい」そんな言葉は出るのは当たり前です。










「死にたいとか言ってる人こそ死ねない。」そんな言葉言える立場の人間はいません。










こんな考えが私にはあります。










やっと100☆行けてたくさんのチングができて私は幸せです。









ですが、チングになってください。と言ってくれる方が増えました。










私は軽度ですけれど、記憶障害を持っています。










覚えていないチングもいて悲しいです。










次の垢はチングは3人ほどしか作らないで、その子達を大切にしようと思います。










本当は読者ニム全員に手紙を書きたいところですが、今回は「みの」に絞らせていただきます。










みの。










私はあなたに出会えて幸せでした。










思い出が深いねㅋㅋ










なんか、長く書けないな。










みのには沢山他にも嫁候補がいると思います。










別れるかはみのに任せます。










もし、見つけてくれるならその時は本名で呼んでほしいなㅋㅋ










私の本名は「るっか」。🇺🇸✖️🇯🇵です。










皆さん大好きです。










明日まではこの垢にいます。((多分










出戻りはすぐします((は










あんにょん

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

잔디🌱
잔디🌱
ありがとうございました。
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る