無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

男らしく
ジムに着くと
長谷川慎
あ、海青さん。お疲れ様です。
武知海青
あ、まこっちゃん!おつかれ!
海青さんがいた。
いつもストイックでめちゃくちゃ筋肉ついてる。


ムッキムキ。
武知海青
さっき、壱馬さんが
長谷川慎
え?
壱馬さん


という言葉に敏感になってしまった。
武知海青
壱馬さんが探してたよ!
長谷川慎
了解です。
なんだろ、何を言われるのか。


それかずっとトレーニングに打ち込んで休憩。


さっき買った水を喉に通す。


じわじわと体に染み込んでいくのが分かった。


鏡を前に思ったことがある。
僕、もう少し筋肉つけたい。


あなたさんにも言われた通り細いと自分でも思う。


男らしくない。


そう思うようになって、
長谷川慎
海青さん。
トレーニングを終え、休憩している海青さんに聞いた。
武知海青
ん?
長谷川慎
女の人って筋肉あった方が喜びますかね。
武知海青
なになに ~ 、急に。
長谷川慎
いや、僕細すぎかなって…
割と筋肉ある方かなって思ってたんですけど
メンバーとか見ててまだだなって…
武知海青
ん ~ 、筋肉の有無は人それぞれじゃない?
長谷川慎
ですよね。
武知海青
ムッキムキが好きな人もいれば
ほっそい人が好きな人もいるし…
長谷川慎
でも、男としてはあった方がいいですよね。
武知海青
まぁね、いざとなった時守れるよ。
長谷川慎
守れる…か。
武知海青
なに、誰かの趣味辿ってる?
長谷川慎
な、わけ!
武知海青
まこっちゃん案外分かりやすいからねぇ。
ペットボトルを握りしめてニコニコする。
僕そんなに…?
長谷川慎
程よい筋肉付けたい…
武知海青
程よい?
長谷川慎
細過ぎずごつ過ぎず…!
武知海青
俺が教えてあげましょうか!
長谷川慎
え!ぜひ!
スペシャリストの海青さんに教えてもらえるなんて


絶対、僕筋肉つく。
そんな軽はずみな思いで挑んだトレーニング。
長谷川慎
待って…、おぉ
武知海青
まこっちゃん頑張れ!
今、ベンチプレス中…


やばいぞ…


こんな重さの初めてっ…!
長谷川慎
うぉっ…
武知海青
いいぞ!まこっちゃん!
あなたさんのため!!!


そう心で思いながら続けた。
程よい筋肉付けるぞ ~ !
といった海青さん式トレーニングは終了し
ジムの床にベタっと倒れ込んだ。
武知海青
まこっちゃん頑張ったよ ~ 。
長谷川慎
海青さんこんなこと毎日やってるんですか?
武知海青
うん、週四かな。
あ、多くて週六。
長谷川慎
ほぼ1週間…
そんなけやっていれば慣れても来るだろう。


明日筋肉痛…
武知海青
よし、俺行くね。
明日筋肉痛にならないために
筋肉今日使った筋肉伸ばしてよ ~ 。
長谷川慎
はい、ありがとうございました。
ムキムキな体に1枚のタンクトップ。


うん、カッコイイ。


僕も…いつかっ…


いや、僕があんなことしたら引かれる決まってる。
姿を想像するとプルプルっと寒気がした。
ちょっと時間が余ったから


「 あなたさん 、今トレーニング終わりました笑 」


なんて、あなたさんにLINEした。


まぁ、お仕事中だと思うし来ないと思う。
ただトーク画面を眺めてると


あなた 「 お疲れ様 」


その4文字だけ送られてきた。


やべぇ…


めちゃくちゃドキドキする。


「 程よい筋肉付けます 」


あなた 「 程よい筋肉好きだねぇ。」


「 はい! 」


僕で終わった会話。


忙しいか…


寂しい。
ペットボトルとタオルを持って外に出ようとドアノブに


手をかけた時。
向こうから誰かが押してきて
長谷川慎
わ…
川村壱馬
慎じゃん!
長谷川慎
壱馬さん…
川村壱馬
トレーニングしてたん?
長谷川慎
はい!筋肉つけようと…
川村壱馬
慎はそのままでええと思うんやけどなぁ。
長谷川慎
男らしくなることが目標なんで!
ベンチに座る壱馬さんは僕をみて
川村壱馬
かっこええやん!
口角を上げてそういう。
長谷川慎
あ、ありがとうございます。
川村壱馬
じゃ!俺もがんばります ~ 。
って、始めようとする。


あれ?


話は?
海青さんが言ってた僕を呼んでいた理由は?
ちょっと気になってその場に立っていた。
川村壱馬
ん?帰らへんの?
長谷川慎
いや、壱馬さん僕になんか用事でしたか?
川村壱馬
用事?
長谷川慎
海青さんが!
川村壱馬
あ ~ 、そや。
ゴクリ、喉を鳴らして緊張が走る。



























川村壱馬
あなたの事なんやけど。




























思っていたことそのままが僕にヒットして驚きを超えた。
長谷川慎
あなた…さん?
川村壱馬
そう。
ちょっとだけ悲しい顔をする壱馬さん。


どうして?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

お れ お
お れ お
おれお、頑張ってきます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る