無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

8
【会員制のダーツバー】
七海春歌
七海春歌
初めて来ました!!(゚o゚;
神宮寺レン
神宮寺レン
お忍びだから、プライベートで過ごす時に役に立つのさ。
じゃあ、レディが未経験だから…バロン。教えてあげて。
カミュ
カミュ
仕方あるまい。矢を持て。
春歌の後ろに立って、カミュはダーツの矢を春歌の手に持たせてそのまま調節する。
カミュ
カミュ
よいか。
目線は常に前を向けたままでいろ。
おい。肩に力を入れ過ぎるでない。
七海春歌
七海春歌
は、はいっ!!
カミュ
カミュ
(まだ硬いな…)
よし。そのまま軽く反動を付けて投げてみろ。
言われるままに、春歌は反動を付けて前へとダーツの矢を投げる。
《~♪》
当たりの音が鳴り渡る。