プリ小説

第10話

|まじか..._☆


あなた|ンン...ハァ...、、ハァ

橋本蒼弥|ハァ...ハァ...



いつまでたっても

止まらないキス。



橋本蒼弥|スルッ

あなた|ビクッ、ヒャッ!



私が着ていたTシャツをめくるように

蒼弥サンの手が入ってきた。



あなた|ソ、蒼弥サン!、ンン...や、めて

橋本蒼弥|それに比べて体は正直だね、

頭の中では抵抗しているつもりなのに

体は、あついせいか言う事を聞かない。

橋本蒼弥|プニプニ、ムギュッ

あなた|ァア~!ンン...ハァハァ...



思いっきり私の胸を揉み、

突起物をつまんだ。

嫌なはずなのに何故か気持ちよかった



あなた|ンン...ソ、ウヤさん、私に何しました??

橋本蒼弥|媚薬、チュッ、入れたよ、

あなた|び、媚薬ですか、?ン...ハァ...ンン

橋本蒼弥|うん。エロくなるやつだよ、チュー



そう言って私の突起物を吸い上げた



あなた|ンン~ァア~、!!!

橋本蒼弥|あなたチャン可愛い、//もっとイジメたくなる

あなた|え、ぇぇあ、え??



いきなり辞めたかと思えば

したを触ってきた



橋本蒼弥|どう、??気持ちいい?

あなた|そこ、汚いですよ、??ンン...

橋本蒼弥|あなたチャンは綺麗だよ

あなた|ァア~ンン...ン...ハァハァ

橋本蒼弥|もうイッたの?早いなぁ~

あなた|ハァ...ハァ...ンン...ハァハァ

橋本蒼弥|入れるよ

あなた|え、何o...ンンッ

橋本蒼弥|締めすぎだよ、めっちゃ気持ちいい…



スパンスパンと

激しく上下する音と

私の呻き声が響き渡る部屋。

嫌では無かった、。






この先はご想像にお任せします...。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ちょこれーと🍫
ちょこれーと🍫
じゃにをたこうこうにねんせい 猪狩くんりあこ((同担拒否ってます
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る