無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

日記
日記 23年目 

カラ松が転生してからもうこんなにたった
カラ松は何処に居る?
何処を探しても居ない
死んでしまったのか?
あの時追えば良かった
隠れて転生して生まれたカラ松を見るだけではなくて 、カラ松を生んだやつの事を追えば良かった。

もう、遅いか。

もしかしたら、転生した時他の顔になってたり…

いや、ちゃんと似てた。
見覚えがある奴だ。


今日もこうして探さなければ。


カラ松が死ぬ前に
ミア
ミア
こんなの書いてても意味あるのか…
いつまでもこんな馬鹿みたいなこと書いてて
俺 … 馬鹿だな
こうして今日も ゛カラ松 ゛を探す

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

名無しの権兵衛
名無しの権兵衛
主に松書く 私の小説って 何か人気 ないよな
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る