無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

🔪


〜ある日〜
○○
○○
琴菜〜
琴菜(ことな)
琴菜(ことな)
なに?
○○
○○
なんか依頼ないん?
琴菜(ことな)
琴菜(ことな)
あっあったわww
○○
○○
もうしっかりしろよ〜
琴菜(ことな)
琴菜(ことな)
えっとね……えっ……
○○
○○
どうした?ってこれ……
琴菜(ことな)
琴菜(ことな)
“東京のジャニーズJr関西ジャニーズJr.
を殺してください”
琴菜(ことな)
琴菜(ことな)
なぁあなたの元弟……関西ジャニーズJrにおるよな?
○○
○○
せ…やな…
琴菜(ことな)
琴菜(ことな)
ほんまに殺すん?
○○
○○
でも殺すしかないやん
琴菜(ことな)
琴菜(ことな)
でもさ……『仕方ないねん!』あなた……?
○○
○○
仕方ないねん!依頼やもん……うちら殺し屋は……引き受けた依頼は“必ず”せな“あかん”
覚えとるやろ?
琴菜(ことな)
琴菜(ことな)
……ッ……
○○
○○
うちもほんまはこんなことしたくないねん……
琴菜(ことな)
琴菜(ことな)
……ごめん……ごめん
○○
○○
なんで謝るん?
琴菜(ことな)
琴菜(ことな)
あなたの過去そんなに知らんのにこんなこと言ってしまった……弟くん思い出させちゃった……ごめん……
○○
○○
大丈夫やって
琴菜(ことな)
琴菜(ことな)
嫌ならいいんやけど……もっとあなたと仲良くしたい……だから過去のこと…なんで殺し屋してるのか教えてくれへん?
○○
○○
ええで……その変わり琴菜も教えてな☺️
琴菜(ことな)
琴菜(ことな)
ありがとう……